引っ越しは業者に依頼するだけと思っていませんか?

最低限の荷造りと、各種手続きはしっかり行いましょう!

オンライン査定

1、現在住所 -  〒郵便番号検索
2、お引越先の都道府県
3、お引越タイプ

引っ越し 転居届のスケジュール

■転出届のスケジュール

引っ越しの前に、市役所や区役所に行って「転出届」を出さなくてはなりません。いま住んでいる市町村役場にて転出の手続きを行い、新しく引っ越す先の市町村役場に、転入届を出す時に、転出届の時にもらった書類が必要になります。 おなじ市町村に引っ越す場合は「転出」あつかいにはならず「転居」あつかいになります。よって「転居届」を提出することになります。転居届は、引っ越し後でないと受け付けてもらえないので、引っ越し前に区市町村の役所に行く必要はありません。

市町村によっては、引っ越しの14日前からしか受け付けてくれなかったりもします。各市町村のホームページを見て、受付開始日を確認しましょう。一般的には、引っ越し当日の1~2週間前に、手続きが完了していると、問題はありません。

■ついでにやること

市町村の役所に行くのは、時間的にも精神的にも負担になります。そもそも場所が遠いとか、印鑑は持参したけれど身分証を忘れたとか、行政の手続きはなにかと「うっかり」が多いもの。また「うっかり」をすんなりと認めてくれないのが行政です。印鑑を忘れたら、家に取りに帰るしかありません。
(1)国民健康保険
健康保険証を返納する必要があります。サラリーマンの方で社会保険に加入している人は、会社の担当者に言えば、すべて処理をしてくれます。
(2)国民年金
転出時の手続きは、特にありません。転入先で住所変更の手続きを行います。 老齢年金や乳児医療、老人医療などは、すべて役所に行って、どうするのか、聞きましょう。役所の総合案内所に行けば、必要な手続きはすべて案内してくれます。もれのないように、1回ですべて終わるようにしましょう。印鑑と身分証をお忘れなく。
(3)印鑑登録
印鑑登録は、転出時に「廃止手続き」が発生します。廃止する印鑑と印鑑登録証が必要です。転入先の住所を伝えて、登録の手続き方法を、担当窓口に訪ねましょう。区市町村によって、少しずつ手続き方法が異なります。一般的には、転出届けを出すと印鑑登録は自動的に消去される市区町村が多いようです。

■転出届けを行う人

本人、世帯主、または代理人が行えます。

代理人が行う場合は、委任状が必要になります。委任状は、委任する人のサインと印鑑が必要です。

■持ち物

運転免許証やパスポートなどの身分証は絶対に必要になります。印鑑も必要です。国民健康保険証も必要です。区市町村によって、少しずつ必要書類が異なるコトもありますので、必ず、行く前に、なにが必要なのか確認をしたほうがいいでしょう。

■転出届けを引越し前に出せなかった!

役所は、引っ越し当日から起算して14日以内であれば、転出届を受理してくれる傾向にあります。転入届も14日以内となっている市町村が多くあります。つまり、最悪の場合、引っ越し当日から14日後の日に、転出届と転入届の両方を提出しても大丈夫です。大変ですが…。