引っ越しは業者に依頼するだけと思っていませんか?

最低限の荷造りと、各種手続きはしっかり行いましょう!

オンライン査定

1、現在住所 -  〒郵便番号検索
2、お引越先の都道府県
3、お引越タイプ

引っ越し 引っ越しを決めたらすぐにやっておくべきこと

■インターネットプロバイダーの手続き

インターネットプロバイダーの手続きは、即日対応という場合もありますが、けっこう時間がかかることもあります。引っ越しを決めたら、すぐに、インターネットプロバイダーの手続きを行いましょう。新居にネット環境がないと、そもそも商売にならないという人はもとより、趣味程度にインターネットを使っているという人であっても、ネット環境がないと、どことなく落ち着かないものです。アイフォーンなどで済ませられることは、たくさんありますが、ないと落ち着かないものであれば、真っ先にインターネットプロバイダーの手続きをしましょう。

■売れるものは売る!

引っ越しをきっかけに、少し身のまわりの荷物を捨てようと考えている場合、とにかく早めに売りに出すことです。引っ越しが決まれば、即売ることです。本などの場合は、ブックオフに引き取りに来てもらうコトもできますが、満足のいく買い取り価格にならないこともあるので、時間がある人は、自分でヤフーオークションに出品するなど、努力をしましょう。今後、荷造りをしつつ、実感すると思いますが、本や雑誌は重たいのです。紙は重たいのです。少々、未練があっても、売ってしまったほうがいいこともあります。

だいたい「いつか使うだろうから」というものは「生涯使わない」ものだと思った方がいいことが多く、引っ越しをきっかけに、心を鬼にして、モノを処分しましょう。そして、できれば売ってお金にしましょう。

■目についた細かい雑貨を片づける

引っ越しの荷造りが本格化する前に、細かい雑貨を段ボールに詰めていきましょう。

テーブルの上にある犬の置物や、写真たてなどは、いつでも片づけられるものですが、引っ越しの荷造りが本格化したら、こまかな雑貨など、どうでもよく思えてきます。面倒。まとめて処分したい…。人って不思議とそう思うのです。たとえそれが愛犬の写真であっても。目についたもので、普段の生活に必要のないものは、どんどん段ボールに片づけましょう。

■玄関の床を拭いておく

引っ越しの荷造りが本格化したら、意外と、家の外と中を行き来する機会が増えます。時には、サンダルを履くのが面倒で、靴下のまま、玄関に出たりします。引っ越し作業は、誰にとっても、非日常なので、多少、テンパるのです。玄関の床を拭いておきましょう。引っ越し作業の期間中、部屋を美しくしておこうと思えば、玄関の床を拭いておくことです。