引っ越しは業者に依頼するだけと思っていませんか?

最低限の荷造りと、各種手続きはしっかり行いましょう!

オンライン査定

1、現在住所 -  〒郵便番号検索
2、お引越先の都道府県
3、お引越タイプ

引っ越し 荷造りのテクニック

■本類は小さなダンボール箱を使用する

調子よく本を大きな段ボールに詰め込むと、たいてい、持ち上がりません。本は小分けにして小さな段ボールに入れましょう。あるいは、多少、本の角が傷ついてもいいのであれば、おなじサイズの本を紐でしばりましょう。

■組み立て式の家具

組み立て式の家具は、引っ越し業者に、解体してくれるのかどうか、事前に確認をしておきましょう。解体したら、部品やネジなどをなくさないように、ビニール袋などに入れ、自分の手荷物として保管しましょう。引っ越し業者さんが部品やネジを管理してくれることもありますが、なくすと、タイヘンな目にあいます。

■引き出しは空にしておく

引き出しの中に洋服が入っているまま、箪笥を移動させるのは、大変です。仕事や勉強用の机の引き出しもおなじです。空にしておきましょう。引き出しをいくらガムテープで止めても、引き出しは開く時は開きます。引き出しに中から、モノが落ちる時は、引き出しの裏の小さな隙間からでも、モノは落ちます。後からなくなったとか、どこでだれが落としたとか、どうでもいいトラブルになるので、かならず、引き出しの中の物は出しましょう。

■冷蔵庫

冷蔵庫は、引っ越し前日まで大活躍していると思いますが…

引っ越しの6時間くらい前には、電源を切って、霜とりをしないと、運ぶ時に水が垂れます。つまり、引っ越し前には、冷蔵庫にモノを残さないようなメニューを考えておく必要があるのです!トマトとタマネギと豚肉とパスタがあれば、これはトマトソースのパスタにするしかありません。納豆とタマゴが残ったら、納豆タマゴかけご飯にでもして、食材を残さないことです。

■洗濯機

洗濯機も水抜きをする必要があります。全自動の洗濯機が増えているので、水抜きの仕方はそれぞれの機種で少しずつ違うのかもしれません。洗濯機など重たいものを運んでいただくために引っ越し屋さんを手配するので、水抜きが失敗した被害をこうむるのは、引っ越し屋さんです。水抜きは引っ越し屋さんにお任せしても良さそうですね。

■パソコン

パソコンは、自分で運べるのであれば、自分で運んだほうがいいものです。パソコンが引っ越し業者によって壊された場合、保証されるのは、パソコン本体だけであって、データは保証してくれません。それを、最初に引っ越し業者から聞いていると思うのに、データのバックアアップもとらず、業者にパソコンをゆだねる人が非常に多いです。データがなくなったら、死にたい気分になりますよ。気をつけましょう。