引っ越しは業者に依頼するだけと思っていませんか?

最低限の荷造りと、各種手続きはしっかり行いましょう!

オンライン査定

1、現在住所 -  〒郵便番号検索
2、お引越先の都道府県
3、お引越タイプ

引っ越し 引っ越し前の手続き一覧

引っ越しとは、細かな手続きの連続です。

面倒ですが、1つ1つチェックしながらこなしていきましょう。

■転出届
市役所や区役所に、転出届を提出しましょう。転出届を提出しに行くと、たいてい市役所や区役所の人が、国民健康保険とか児童手当など、必要となる手続きをすべて教えてくれます。役所の窓口もずいぶんと親切になりました。わからないことはすべて聞きましょう。

■電気
引っ越しの1~2週間前に電話で連絡をするのがベター。最悪、当日に電話しても受け付けてくれることもあります。電気は、止まるのもはやく、使えるようになるのもはやいのです。

■ガス
ガス会社に連絡しましょう。引越しの1~2週間前までに手続きを行うことがベター。最悪2日前でも大丈夫です。同時に引越し先のガス使用開始の予約もしておきましょう。

■水道
水道会社に連絡をしましょう。引越しの1~2週間前までに手続きを行うことがベター。最悪2日前でもOK。

■郵便局
郵便局に行って転居届を提出します。転居届は、郵送でも受け付けてもらえます。世帯全部の引っ越しなのか、世帯の一部の引っ越しなのかを記入する欄がありますので、まちがえずに記入しましょう。引っ越しの1~2週間前くらいから手続きをするといいでしょう。

■固定電話
引っ越し先が賃貸マンションなどであれば、すでに電話線が引き込まれているので、引っ越し当日でも問題ありません。引き込みがない場合は、NTTと工事の日程を調整したりなど、いろいろ面倒です。2週間くらい前には、手続きを済ませておくといいでしょう。

■インターネットプロバイダ/ケーブルテレビ
引っ越しの日にちがわかれば、すぐに連絡をしましょう。引っ越し先で使えなくなるとかなりストレスが溜まります。現在のプロバイダやケーブルテレビを引き継ぐ場合は、引っ越し先の住所を言えば、引っ越ししたその日からサービスを受けることもできます。

■NHKの引越し手続き
1週間くらい前に連絡をしましょう。最悪当日でもOKです。最近は、引っ越し先にテレビがないので、払いませんという言いわけが通用しなくなっているらしいのですが、個々人の良識と判断に任せます。

■転校届
引っ越しがわかった時点で、先生に伝えましょう。気の利いた学校であれば、授業中にお別れ会をやってくれたりします。またPTAの仲間がお別れ会をやってくれることもあります。親同士、子ども同士、なにかと気を使ったり気を使われたりします。早め早めに動いて、後を濁さないで去れるような状況をつくっておきましょう。